健康食品と医薬品との相違点|キトサンサプリで抗がん剤の副作用を軽減できる!?

健康食品と医薬品との相違点

元気な女性

健康食品は、日々の生活のうえで不足がちな栄養素や機能性に優れた成分を含む食品であり、病気などのための症状の緩和や治療を目的としたものではなく、生活習慣や美容のサポートをするものです。 医薬品と同じ名称の原材料が記載されていても、薬ではなくあくまでも食品と言うことです。 そのため、薬は主に病気の人の治療に使うもので、製造管理や品質管理基準に従い成分分析法と成分含有量が明確に表記されています。 一方で健康食品は、基準などがないため成分含有量などのはっきりとしたことが明記されてないことも多く、実際の成分と違うものが含まれている場合もあるのが特徴です。 医師や薬剤師による処方やアドバイスで服用する医薬品に対し、健康食品は使う人の自己判断となり販売する側も製品についての知識がないことも異なる点です。

健康食品の中には、特定保険食品と栄養機能食品があります。 特定保険食品は、消費者庁長官により認定を受ける必要があり、体の生理的機能などに影響を与える保健的な機能成分を含むものを言い、主にお腹の調子を整えたり、血圧や血中のコレステロールを正常に保つため役立つ食品です。 栄養機能食品は、一定の基準をクリアしていれば認可などの必要がなく個人でも製造販売できるもので、ビタミンやミネラルが持つ栄養機能を非表示できる食品のことを言います。 健康食品は、体質やアレルギーなどにもよりますが、食品ですので基本的には副作用がないものであり、ビタミンCの補給のためのサプリメントなどは300円くらいの値段から販売されていますので、気軽に栄養補給ができると言えます。