健康食品の選び方|キトサンサプリで抗がん剤の副作用を軽減できる!?

健康食品の選び方

森林

健康食品は体に足りない栄養分を補ってくれたり、疲れが取れて元気になるのを手伝ってくれたりします。 選ぶときの注意点は、本当にその健康食品が自分の体に必要なものなのかを考えます。バランス良く普通の食事をすれば栄養が不足することはなく、1日で栄養が摂れなくても1ヶ月で摂れれば問題はありません。健康食品には、厚生労働省の指導を受けて基準をクリアしたマークがあり、このマークが付いていると安全な健康食品なので、選ぶときの目安になります。複数の健康食品を同時に食べると、重複する成分や食べ合わせの結果健康被害が発生することがあるので、気を付けて摂取するようにします。また過剰摂取も体には良くないので、量を守って摂ることが大切です。

健康食品には2つの種類があり、国に認められた保健機能食品とそれ以外の一般食品に分けられます。 薬を飲んでいる人は、医薬品との服用は危険なものもあるので主治医に相談をして摂取しましょう。健康食品は、体にとって必要な成分(ビタミンなど)と特殊な成分(ローヤルゼリーなど)の2種類の成分に分けることが出来て、この2種類の中から必要なのは「体にとって必要な成分」です。ビタミンが不足すると体調不良になることがあるので、ビタミンの成分が入った健康食品を選ぶのがおすすめです。コラーゲンを飲むとお肌がツヤツヤする理由は、人間の体は水分が70%でタンパク質が15%を占めています。コラーゲンもタンパク質の1種で、コラーゲンが不足するとお肌のハリや髪の毛のツヤが失われたりします。